中国メーカーのイヤホン特集と購入レビュー(1 MORE)

2017-03-31

数か月前、テレビ番組「マツコの知らない世界」でイヤホン・ヘッドホン特集がされていました。そのときに出演された方がお勤めのお店「e☆イヤホン」さんのレビューや記事を参考に、中国関連の製品をご紹介いたします。

中国製イヤホン

OSTRY KC06

こちらは「e☆イヤホン」さんの記事『《価格別》最強!コストパフォーマンスイヤホンまとめ 10,000円以下編』でも紹介されている製品です(16年10月11日時点)。

%e6%90%9c%e7%8b%97%e6%88%aa%e5%9b%be20161011123336%e6%90%9c%e7%8b%97%e6%88%aa%e5%9b%be20161011123820

前述の記事にはスペックの評価が載っているのですが、「☆」4点満点中、以下のように高評価です。よっしーさん(スタッフさん)のレビューにも『高級機クラスのポテンシャルを持ったイヤホン、、、1万円を切るイヤホンとは思えない広ーいレンジで、、、』とおどろきの声が書かれています。

装着感 ☆☆☆
遮音性 ☆☆☆
高域 ☆☆☆☆
中域 ☆☆☆
低域 ☆☆☆☆
解像度 ☆☆☆

     スペック

  ドライバー: 10mm 2代目CCAW(ダイナミック)
     感度: 110db/mW
インピーダンス: 16Ω ± 15%
再生周波数帯域: 20 - 25,000Hz
   コード長: 1.35m
    プラグ: ステレオミニプラグ(Ф3.5mm)
 閲覧したお店の

     店:米通数码专营店
    値段:328元
     色:黒、金(数量限定版)
   中国語 よろしければコピペしてお使いください。

   イヤホン: 耳机

こちらの会社OSTRY(中国名:奥思特锐)は1985年国営の音声研究機構に端を発し、その後の音声設備や拡声器の展開、膜片を中国国内外に提供し発展、2013年には母体の会社から独立し、奥思特锐科技有限公司として独立しています。

会社websiteではでは購入した商品が本物であるかどうかのチェックもできるようです。

OSTRY KC06A

こちらは「KC06」の進化版です。OSTRY専用サイトによれば「KC06」をもとに低音域を改善したものでロック、ポップス、交響曲などに向いているとのことです。「e☆イヤホン」さんの商品レビュー、購入者のレビューそれぞれ低音域の評価がいくらか低かったですが、この低音域が改善されたとなれば楽しみな製品ですね。

%e6%90%9c%e7%8b%97%e6%88%aa%e5%9b%be20161011175403

私は携帯電話で使うことも多いので、コントローラー付きの物がいいです。というわけで次のものを、、、。


閲覧したお店

   店:米通数码专营店
  値段:392元
   色:一色のみ


1MORE

こちらも中国メーカーの中では人気のある商品です。値段は少し上がりますが、

・3つのドライバーを搭載

・ハイレゾにも対応

・スマホなどで使えるコントローラーも付き

%e6%90%9c%e7%8b%97%e6%88%aa%e5%9b%be20161011190644%e6%90%9c%e7%8b%97%e6%88%aa%e5%9b%be20161011191254   %e6%90%9c%e7%8b%97%e6%88%aa%e5%9b%be20161011190829

付属品には飛行機用のアダプターもあり、よく考えられていると思います。「e☆イヤホン」さんでもレビューがあり、なかなかの高評価なものです。私も以前から買おうと思っていたものです。


  スペック

   ドライバー: デュアルバランスアーマチュア+ダイナミック
     遮音性: 99db/mW
 インピーダンス: 32Ω
 再生周波数帯域: 20 - 40,000Hz
    コード長: 1.25m
     プラグ: Ф3.5mm 

 閲覧したお店
  名前:加一联创旗舰店
  値段:599元
   色:一色のみ

 1more イヤホン購入レビュー

兼ねてよりずっと欲しかったイヤホンを購入しましたので、少し紹介させていただきます。

さて、まず届いた商品の外観から見てみます。もう一枚透明のビニールがついていたのですが、そちらははがしました。

正面からの写真と、側面の写真です。側面の上部、点線部を切りはがすと箱が開けられます。

qq%e5%9b%be%e7%89%8720161116183006

裏面です。

dsc_00091

箱の中の写真です。dsc_0011

左側に英語でイヤホンの構造が書いてあるようですが、こちらは説明のためというより、デザインとしてあるように思います。

右側にイヤホンが格納されています。そして、イヤホンの下の台紙を取り除くと付属品があります。

dsc_00141

左: 取り換え用イヤホン、8種類
真ん中上部:イヤホンケース
真ん中下部:飛行機用イヤホンプラグ
右上部:ステッカー
右下部:説明書(日本語あり)

以上が付属品です。

音質については専門家ではないのでそれほどよくわかりませんが、以前使っていたソニー製のイヤホンに比べ、高音、低温共によく響き気持ちよく感じました。私としては満足のいく買い物でした。

また今回は11月11日、買い物の日に買ったためとても安く買うことができました。

通常価格 599元
安売り時 549元
購入価格 399元

3000円近く安く買えた計算になります。

同日日に購入したブーツも以前同じのを買った時より100元安く買えましたので、やはり11月11日は消費者にとって魅力的な日といえます。次は12月12日にも第二の買い物デーがありますので注目されてはいかがでしょうか。

追記(3月18日):最初のころは高音が若干強く感じましたが、現在はシャカシャカ音が落ち着いているように思います。低温は相変わらず良く鳴っていて、音楽を聴くのが楽しいです。また、音の遮断性が高く、音楽の世界に入りこむには持ってこいです。

この記事を書いた人

JUNP

2008年から中国で日本語教師をすること早10年。中国でできないツイッタ-始めました。よかったらフォローお願いします。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ