THAAD配備が中韓に亀裂を??

2017-03-18

2012年尖閣諸島国有化後、中国のあちこちで激しい日本排斥の運動、暴動が起きました。私も蘇州の学校で働いていましたので、外を出歩くのが怖かったのを覚えています。大学内のキャンパスでは「钓鱼岛是中国的(尖閣は中国のものだ)」とプリントされた自作のTシャツを着ている学生を数人見ましたし、張り紙も見ました。私へ見せたかったんでしょうね。直接危害を与えられなかったのは幸いでした。

蘇州と言えば、暴動が最も激しかった町の一つで多くの日本料理店、そして大型スーパーが被害を受けました。暴動のすごかった翌日、日本料理店の立ち並ぶ淮海街という通り、通称商業街をこっそり見に行きました。その時に撮った写真です。

(翌日の時点では、板でふさがれ中は見えませんでした)

 

 

しかし、変わりようが早いのも中国の特徴のようで、あれだけ壊された日本車も現在では販売台数も好調になり、また日本国内への旅行者も増え、昨年は「爆買い」というムーブメントが起きるほどの状況でした。

当時のことが嘘のようにも感じられてしまいます。しかし、やはりそうでもないようです。

最新鋭ミサイル迎撃システムTHAAD配備決定!

昨年、韓国がTHAAD配備を決定しました。北朝鮮からのミサイル攻撃に備えて決定されたあれですね。一見、中国には関係の内容にも思われますが、高性能レーダーにより中国武漢市辺りまで監視可能ということで大きな抵抗を示しています。これ以来、段々と国民感情にもその影響が及んでいます。
最近では、私の周りでも話の中やSNSの中で韓国バッシングを聞いたり、目にしたりすることがあります。

実際どんな影響が出ているのでしょうか

  1. 「限韓令」の発令!?

    これは中国政府発令により、韓国俳優の中国国内活動及び韓国コンテンツの番組を制限するというのものです。あくまで噂レベルの話ですが、実際に、動画サイトの韓国ドラマのアップロードが滞っている等、明らかに影響が出いているところもあります。

  2. ロッテマートの営業停止

    中国にはロッテマートというロッテ財閥系のスーパーが99店舗あります。(17年3月現在)このロッテが自社のゴルフ場をTHAAD配備用地として差し出すことを決めたことが影響し、この事態に発展しました。今回、営業停止に追い込まれた店舗は55店舗です[1]。
    中には、広告違反により罰金(北京市)、無線電波法違反(蕪湖市)、消防法抵触疑い(淄博市)等、よくわからない影響もあります。

    また、今回思わぬとばっちりを受けているのが日本の楽天です。実は日本の楽天もロッテも中国語表記にしたときに全く同じ漢字になります。どちらも「乐天(ラーティエン)」です。日本にもロッテがあることも、更に混乱を深める要因になっているようです。

    楽天市場はSNS(微博)上で説明文を出しています[2]。

    ただやはり、わかっていない利用者が多いようですね。コメント数が3万件を超えています(3月14日現在)。

  3. 周遊クルーズツアー参加者3400人韓国上陸拒否

    イタリアCosta社のserenaクルーズ船による周遊ツアーで、当初予定されていた韓国寄港予定が乗客の下船拒否により変更されるということがあったそうです。このツアーは 福岡 → 11日済州島 → 福岡 → 上海 の予定でした。

    済州島には観光バスやガイドも多数待機もしていたようです。
    Royal Caribbean International社(米)の周遊ツアーも韓国寄港を36便で取りやめ、中国天海クルーズ社も5月30日までの全ての便で韓国寄港を行わないことを決定しているそうです[3]。

    ここまで書いていてなんですが、真実がいまいちわかりません。というのも韓国の「韩联社」の発表では、日本から出航し、済州島、天津と辿る予定だったということで、多少違いがあります。

    しかし、いずれにしても中韓関係に一定の悪影響があるのは間違いありませんね。今後どうなっていくでしょうか。

参照
[1] 韩联社(Yonhap News Agency)
   http://chinese.yonhapnews.co.kr/newpgm/9908000000.html?cid=ACK20170308004100881
[2] 楽天市場 微博
   http://weibo.com/u/2386609392?is_search=0&visible=0&is_all=1&is_tag=0&profile_ftype=1&page=2#1489492047377
[3] 環球網
   http://oversea.huanqiu.com/article/2017-03/10301635.html

この記事を書いた人

JUNP

2008年から中国で日本語教師をすること早10年。中国でできないツイッタ-始めました。よかったらフォローお願いします。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ