中国でポケットwifiを買ってみる ~数社比較と速度結果~

2018-08-04

ポケットWi-Fi(Wi-Fiルーター)お使いの方、お探しの方いらっしゃいますか。

自宅内でのインターネット利用は有線のブロードバンド、ルーターからWi-Fi接続、スマートフォンでテザリング、3G4Gを利用したスマホ利用などいろいろやり方はあります。出先ではポケットWi-Fiかスマートフォンでデータ通信をすることになりますね。

私は在宅時これまで有線からルーターを通してwif利用していました。これで普段使いには全く問題もありませんでした。しかし、今回諸事情によりどうしても速度の速い回線が必要になり、「 ポケットWi-Fi(Wi-Fiルーター) 」と「 simカード 」の購入を決意したのです。

購入の条件は下りで20Mbps以上上りで5Mbps以上でることでした(私の住む学校宿舎の回線では上り4Mbps、下り5Mbps程)。

本記事では購入と測定までの奮闘記を記したものです。

Taobaoと天猫で探す

まずはルーターから探すことにしました。

「随身wifi,携带wifi」と打ち込むとたくさん出てくるのですが、ピックアップしたのがこちらです。

1  Huawei E5573-856
2  Xiaomi 紫米MF855
3  Benton M100

売れ筋の3つです。ご購入を検討されている中国滞在者さんがいらっしゃるかもしれませんので、少しスペックを記載します。

Huawei E5573-856

  • 10台までのwifi接続と、一台のUSB接続が可能
  • 待機時間300時間、稼働時間6時間
  • 管理アプリあり

紫米MF855(Xiaomi)

  • バッテリー容量 7800mAh(モバイルバッテリーとしても使える)
  • 管理アプリあり
  • 9台まで同時接続可

Benton M100

  • 10台まで同時接続可
  • MicroSDカードを入れるとデータ保存ができる
  • 小さくて安い

中国通信会社3社の比較

中国の通信大手3社の通信帯域を表にしてみました。

3G 4G
アクセス方式 バンド アクセス方式 バンド
中国聯通 China Unicom WCDMA B 1/3/5/8 TD-LTE B 40/41
FDD-LTE B1/3
中国電信  China Telecom CDMA2000 B 1/5 TD-LTE, B 40/41
FDD-LTE B1/3
中国移動  China Mobile TD-SCDMA B 34/39 TD-LTE B 38/39/40/41

wifiルーター3製品の比較

先程ご紹介した3社のルーターと中国大手通信会社の対応表です。

対応周波数帯 同時接続 特徴  サイズ バッテリー   値段
Huawei 
E5573
聯:3G/4G
電:4G(1/3/41)
移:4G(40/41)
10台+USB1台 USBでの接続可  9.68cm×5.8×1.28 1500mAh 約380元 
Xiaomi MF855 聯:3G/4G
電:4G
移:3G/4G
9台 モバイルバッテリーになる  10.2cm×7.5×2.2 7800mAh 約320元 
Benton M100 聯:3G/4G
電:4G
移:3G/4G
10台 MicroSDが使える  9.2cm×5.5×1.3 1700mAh  約200元

私はこれを買いました

今回比較した3商品のピックアップした理由は非常に簡単で、数ある同様の商品の中から売れ筋の上位に来ていたためです。

ポケットWi-Fi

こうして比較してみてですが、正直のところあまり変わらないのではないかというのが印象でした。

そこでとりあえず安さで、3つ目のBenton M100を購入してみました。Benton(本腾)なんていう会社名聞いたことなかったのですが、評価もかなり良好でしたので大丈夫だろうと軽い気持ちです。

Huaweiは日本でも名前が知られていますし、会社も大きいので色々と安心かなと思ったのですが、対応周波数帯が少ないのと、高いのでやめました。

さて、こちらが届いた商品です。

おまけに1GB分の聯通4G カードをつけてくれます。

現在中国の通信業界は実名登録が徹底されています。携帯のsimカードなんてちょっと前まで道端で簡単に買えたんですけどね…。

こちらのカード、残念ながら外国人は登録できませんでした。店舗に持っていっても無効だそうです。どうしても使いたければ中国人に頼んで変わりに登録してもらうしかないとのことでした。でも、身分証の登録とか、顔写真数枚の登録とか、私は人に頼むの嫌だなと思いましたので、引き出しの中です。

4Gデータ通信カード

本体の次はカードです。やはり同じくタオバオから探し、データ通信専用カードを買いました。

中国電信の半年24GB、228元の物です。本当は一番容量の大きいものが欲しいのですが、20Mbps以上でないと目的を達成できず全て無駄になってしまうので、まずはこちらで試してみます。

購入時心配な点が出てきました。まず、購入ボタンを押しても、実名登録のページ画面が表示されません。仕方なく、店の人にチャットで連絡する(午後10時)とお店の人がすぐに返事をくれ、

「おかしいな、まあでも大丈夫、購入手続きをしてあげるよ」とのこと。

必須のはずの実名登録をしなくてもよいとのでしょうか。そして、ウェイシン(wechat:中国のインスタントチャットサービス)でお金を送れというのです。なんか、騙されている感じもする・・・とも思いましたが、こんな時間に対応してくれたんだと思い切って購入しました。

…2日後、無事届きました!早いです。

心配が杞憂に終わったばかりか、おまけとして、Simのアダプターもつけてくれました。

今回simカードを購入したのは乐冲通信专营店です。

 速度のチェック

さて、肝心のネットスピードです。

部屋には有線のネット回線があるにもかかわらず、ポケットWi-Fiも、4Gカードも買ったわけですから、その目的である「下り20Mbps以上 上り5Mbps」以上でないと困ります。

結果は以下の通りでした。

Benton M100

十分早いけど、、、微妙な値です。下りがクリアしていません。
ちなみに部屋の有線の測定結果はこうですので、だいぶマシにはなっています。(正確には有線からWi-Fiルーターで飛ばして使っているものです)

部屋備え付けの有線

しかし、これではどちらも不合格です。ちょっと足りていなくても、全然足りていなくても、ダメには違いありません。

そこで藁にもすがる思いでネット情報にかけ検索をしてみることにしました。すると、「アルミホイルでパラボラアンテナを作ると電波改善!」との言葉があちらこちらにあるのです。(広めのお皿にアルミホイルをぐるぐるまいて、その中央辺りに機器をセットするだけという簡単なものです。)これは、条件クリア間違いなしと試してみた結果はこうでした。

アルミパラボア

結果、遅くなりました。私のアンテナの作り方、設置の仕方等悪いのだと思います。ちょっと研究してみたいと思います。

出張等短期間の方

出張や、旅行など短期間のみに利用したい方は現地での購入や契約は難しくお得感もないのでおすすめできません。やはり、日本で短期貸出端末を利用するのが得策です。現在はいろいろな業者がこのサービスを行っていますね。


モバイルルーターを貸してくれるサービスの記事です。よかったらご覧ください。

中国の教育ネット事情(おまけ)

私は今回ネットスピードの大幅なアップが必要だったのですが、「それなら回線変えればよかったのでは?」という声もあるかと思います。

実は冒頭でもちらっと書いたように私は学校の寮に住んでいるためそれができなかったのです。

どういうことかと言うと、中国の学校内は「教育網」という特別な専用のネット網がひかれているようで、新規参入ができないということでした。今回中国電信と中国聯通という通信大手2社に連絡しましたが、どちらも回答は同じでした。

光回線を新しくひければ、料金的にも速度的にもより満足できたのですが…。

まとめ

安いポケットWi-Fiでも割といい数字が出てくれました。
普通にメール、ネット、動画閲覧、ビデオチャット程度であれば全く問題ありません。
自宅で使われる方は「光ケーブル」をひいた方が、速度、料金両面でよいかと思いますが、外でも使われる方は今度のポケットWi-Fiを検討されてはいかがですか。

今回のポケットWi-Fiですが、もちろん日本でも使えます。電波の周波帯があっているものを選んで使わなければなりませんが、格安シムの普及している今便利に使えるのではないでしょうか。対応機器など、また改めて書きたいと思います。

その他、ブログランキングにも参加しています。よろしければリンク先を一度クリックして訪れていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へにほんブログ村

お読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

JUNP

2008年から中国で日本語教師をすること早10年。中国でできないツイッタ-始めました。よかったらフォローお願いします。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ