八田與一銅像首切事件中国での報道は?

2017-12-16

台湾の水利、農業事情に大きく貢献した日本人八田與一。その功績をたたえた銅像の頭部が切り落とされるという事件が発生しました。

おそらく多くの人がご存知ない人物だと思います。

台湾に住んでいる方であれば聞いたことがあるかもしれませんね。実は日本でも、八田さんに関する映画やドラマ、ドキュメンタリー番組などが放送されたこともあるようです。

八田さんは戦時期、台湾の農業水利事業に大きく貢献したことで知られ、日台の友好の象徴でもある人です。

この八田さんの功績を記念して 台南市烏山頭ダム内に銅像 が作られ設置されていましたが、4月16日に頭部が切断され発見されるという事件がありました。

日本でも大きく取り上げられていますが、こちらでは中国側からの反応を見てみたいと思います。

八田與一像頭部切断事件

事件についての話の前に簡単に八田さんについての情報を見てみたいと思います。

生い立ち

・1886年 石川県金沢市今町(現住所名)に生まれる
・1910年 東京帝国大学工学部土木科卒業、台湾総督府内務局土木科技師として就職
・1914年 桃園大圳の水利工事に功績
・1917年 米村外代樹(とよき、当時16歳)と結婚
・1918年 嘉南平野の調査を行い、ダム計画を国会提出
・1920年 総工費5400万の大型工事を指揮官として尽力、烏山頭ダムを完成させる
~        (※この間台湾総督府の地位を捨てている)
・1930年
・1933年 台湾総督府復帰
・1942年 フィリピンの綿作灌漑調査のため、大洋丸で出港したが五島列島付近でアメリカ海軍潜水艦グレナディアーに攻撃を受け、殉職
・1945年 妻の外代樹が與一を追い烏山頭ダムにて投身自殺

干ばつや洪水に悩まされていた嘉南平野が、ダムと16000キロに渡る水路のお陰で、台湾最大の穀倉地帯へと生まれ変わりました。

上の地図は八田與一記念公園のある場所です。

銅像首切り事件の犯行

事件が発覚したのは、16日の朝です。ダム関係者によって発見されたということでした。

頭部が切り落とされた様子です。
(※左に見える頭部は実際に切り落とされたものではありません)

17日の午前、地元警察に二人の男女が自首してきました。
男の名前は李承龍、女の名前は邱晋笋(中国語は笋)現在警察は現在器物損壊の容疑で取り調べを行っています。

犯行自供内容によると、

「14日に切り落とした後、計画では頭部を5月4日行われる式典にて、観衆の前で落とす予定だった。しかし、その後頭部が何者かによって持ち去られた」

ということです。

(写真:新浪新聞)

事件の発端

まだ事件の動機が定かになっているわけではないですが、最近の一連の事件との繋がりがあるようです。

孫文像、蒋介石像への塗料塗布事件や、今回と同じく頭部切断事件があり、これを受けての報復という声もあります。

(写真:中時電子報 中評社)

蔡英文総統の就任依頼、中台の統一を目指すグループと、独立派の対立が激化傾向にあり、今回の八田與一像の事件は中台統一志向の犯人が報復のため行ったと見られています。

中国の報道ではどう扱ったか

ニュースサイトの記事を見てみます。

事件の経緯を紹介しているだけの記事もたくさんありますが、目立つのが台湾独立派(日本支持派)への反論・異論です。

新華網

「八田与一的作为并非是为了嘉惠台湾民众,而是为了满足殖民者对台湾的掠夺。如今台南市政府每年祭拜八田与一,对不起在日本殖民时代死亡的数十万台湾民众,要求既然市政府要修复八田与一的铜像,也必须把孙中山铜像归位。」

八田與一の行動は台湾民衆のためではなく、植民者が台湾に対して略奪を行うためだった。台南地方政府は毎年八田與一記念式典を行っているが、日本植民地時代に命を落とした十万の台湾人に申し訳がない。八田與一の銅像を修復するのであれば、孫文の像も元通りにしなければならない。

新浪新聞中心

「八田与一是日本帝国主义殖民台湾的官僚帮凶,千万不要傻傻去感谢八田与一。如果有台湾人感谢他,“不是坏就是傻”、“台湾容得下你,但是你的智商容不下你自己”」

八田與一は日本帝国主義が台湾を植民地化した巨悪な官僚の一人だ。決してばかみたいに八田に感謝の気持ちをもってはいけない。もし台湾人で感謝するような人がいるなら、”悪者ではなく単にバカそのもの”だ、台湾は聞き流してくれるが自身のおつむが自分をゆるさないよ」

鳳凰資訊

「蒋介石所领导的国民党,来台后对台湾农业的贡献,绝非八田可比」

蒋介石が率いた国民党は台湾の農業に貢献をしたが、八田の比ではない

「八田与一在日据时在台湾兴建乌山头水库,固然对农业有功,但稻米收割后大量运去日本,台湾人民还是吃蕃薯。」

八田與一は台湾で烏山頭水庫を建設するなど、農業に一定の功績はあるが、米の収穫後多くは日本に運ばれ、台湾人は依然さつまいもをたべるしかなかった。

 

まとめ

中国(大陸)のだいたいが、「台湾では八田與一の功績があるが・・・本当は」という論調や、その立場の人の声をとりあげているものが多かったです。

やはり中台統一派の立場を大きく取扱い、独立派の意見はあまり支持していないように見えます。

政治的な観点から見れば当然というところでしょうか。

お読みいただきありがとうございました。

 

この記事を書いた人

JUNP

2008年から中国で日本語教師をすること早10年。中国でできないツイッタ-始めました。よかったらフォローお願いします。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ