中国でライン(LINE)を使うための複数の方法

2018-07-15

中国へ旅行、出張、留学前に要チェック!LINEを使おうとしたら規制で使えないとならないよう、複数の方法(香港SIM?VPN?端末?)を知っておきましょう!

とずばり中国でLINEを使いたい方へ向けての記事です。ご覧いただいているみなさんはLINE使ってらっしゃるかと思います。そして、現在使えなくて困っていらっしゃることでしょう。交友関係、家族関係を支えているともいえるこのアプリが、一歩外の国へ出ると使えなくなる場所、『中国』おそるべしです。

使用するためにいくつか方法があります。1つずつ見てみましょう!

中国でLINEを使う方法

グレートファイアウォールと呼ばれる インターネット情報検閲 がある中国ですが、ラインもこの規制の中に入ってしまいました。少し前までは使えたので、こんな要らぬ心配する必要がなかったのですが…

このままだと困りますので…

香港SIMを使う

香港SIMを使うと全てのネット規制そのものから逃れられます。もちろんラインも使えます。

【良い点】

  • SIMをスマホに入れておけば常にラインが送受信できる
  • 特に複雑な操作がない

【悪い点】

  • パソコンでラインを使う場合、他の方法を考えなければならない
  • 電話代、データ通信料金が大陸のsimに比べ割高になる
  • 安く抑えたければ端末二台持ちもしくはデュアルシム対応端末を持つことになる
  • SIMを手に入れるのが面倒

※日本のAmazonからでも香港SIMが変えるという情報がありましたので調べてみました。

残念ながらこちらは延長ができないタイプのようです。延長可能なもので購入数が高いものだと下のものになります。購入前にリチャージ可能かどうかしっかりご確認ください。

VPNを使う

一番手っ取り早く、安いのがこちらです。基本的に全てのネット規制を乗り越えられますので、とりあえずこれを入れておけば間違いなしです。

【良い点】

  • 手っ取り早い
  • 比較的安価
  • スマホでもパソコンでも使える

【悪い点】

  • いつVPN自体が規制を受けるか誰もわからない
  • 常にVPNを作動させておくと、中国外から閲覧不可のサイトに訪問できない
    (動画サイト、音楽サイトなど)

過去に『中国でYouTubeやインスタグラムを見る3つの方法』でこの香港SIMとVPNのことを書いています。ほとんど内容は同じですが、興味のある方ご覧ください。

VPNをご検討の方はこちらをおすすめします。

中国メーカー以外のアンドロイド端末を使う

実は上記に二つの方法を書いてきましたが、何の設定もなしにLINEを使用する方法があります。
2017年10月の規制強化以来、こちらも影響を受けています。詳しくは下を御覧ください)

それはアンドロイド端末を使う方法です。それも大事なことは中国メーカー以外のものす。

実は17年6月までは中国メーカーでも使えたのですが、その時を境に突如使えなくなりました(…という声を友人数名から聞きました)。私は香港版のExperia XZ(ソニー)を使っていますが、以前使用していたZ1とともに問題なく使えています。ただし、一つだけ注意があります。

電話番号登録は日本のものや台湾のもの等、中国の物以外を使う

中国の番号で認証をとってもできないようですし、すでにお話しましたように、今はアンドロイドでも中国メーカーからではやり取りできないという話もありますので、できれば日本でインストール、認証を済ましてから中国に持ってくるといいでしょう。あとは、中国のSIMに入れ替えても問題ありません

【良い点】

  • 日本とほぼ同じように使える
  • 登録後は中国のsimでOKなので、最も安い

【悪い点】

  • 画像が送れない(私だけかもしれません)

さて、上でちらっと書きましたが、現在はこちらのやり方も規制されてしまっています。私の場合は日本側からのメッセージ通知は受け取れ、その画面で内容を確認できる。ただし、ラインのアプリ内に入っての内容確認及び返信はできない。

こうなるとトータルで考えVPNを使用しての利用がいいのではないでしょうか。

まとめ

中国でLineを使うには3種類ありました。

  1. 香港SIM
  2. VPN
  3. アンドロイド(中国製端末以外)

規制が強化される方向にある現在、一番いいのはVPNではないかと思います。

中国で普段使うのはQQやwechatというとても便利なものがありますのでよいのですが、やはり日本の家族や友達との連絡には欠かせないですよね。ご自分にあった方法でご利用ください。

別件ですがブログランキングに参加しています。リンク先を訪れていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へにほんブログ村

お読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

JUNP

2008年から中国で日本語教師をすること早10年。中国でできないツイッタ-始めました。よかったらフォローお願いします。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ