中国ビットコインの取引停止の影響とその反応

2017-10-09

ビットコイン(bitcoin)の価格に大きな影響を与えてきた中国が、またも大きなショックを起こしました。中国国内の取引停止通告により、ビットコインの価値が大暴落。

そんな報道に世界中のビットコインユーザーが釘付けになりました。

現在、中国の取引サイトはどうなっているのでしょうか。反応と併せてご紹介します。

日本と中国のビットコイン

日本のビットコイン

ビットコイン、ひと昔前は仮想通貨?ゲームの中の話?と何やら怪しい物のようなイメージがありませんでしたか。しかし、最近では街中でも使えるようになっています。

  • ビックカメラ
  • メガネスーパー
  • レストラン
  • ソフマップ
  • H.I.S
  • 美容院
  • ホテル

様々なところでこのビットコインを使い支払いができるようになっています。

中国のビットコイン

ビットコインはじめ仮想通貨と呼ばれるものは世界共通の通貨であり、使用する場所が限られません。そこから

  • マネーロンダリング
  • 麻薬販売
  • 汚職等で貯めた資金の海外移動
  • 不法組織の地下資金

等、多くの不健全な目的に使われているのが実態です。

その他、マイニングと呼ばれるビットコインを生み出す作業の多くは中国で行われているようで、中国は世界一のビットコイン利用国でした。

ビットコイン取引停止に至るまで

中国には数多くのビットコイン取引所があります。

その中で大手なのが以下です。

今回、中国当局のお達しにより最初に取引き停止に至ったのは下の2つでした。その後上2つの会社も取引ができなくなっています。

≪代替通貨発行融資のリスク防止に関する発表≫

9月4日中国人民銀行等により発表されたこちら、法律法規等ではなく積極的関与を求める声明でした。そのため、具体的にどんな措置をとるかは各社それぞれに任されていました。

9月15日午後ビットコイン業界の会議に行われ、正式に当局から通知と指導に至りました。ここで、全て取引停止になったわけです。

火幣網の措置

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一、アカウント登録・入金業務

  1. 17年9月15日21時30分より登録及び人民元入金業務を停止、それ以降に人民元の入金を行った場合、10~20営業日内に返金を行う
  2. 質問等は対応人数の関係もあり電話ではなくメールで行うことを推奨
  3. ビットコイン入金、コイン引き出し、現金引き出しは現在影響なし

二、現金引き出し業務の対応

  1. 火幣網では100%準備金制度をとっているため、資産の完全保障を約束する。引き出しにシステム上の遅れなど不具合がある場合があるが、残業体制で全力で対処するため、電話は行わないように
  2. 引き出しに時間がかかる不便について、登録銀行への金額到着まで「引き出し操作から24時間以内」→「72時間以内」に変更
  3. 休日の処理には時間がかかるため5万元以上の取引は3営業日以内に

三、ビットコイン引き出し

  1. 火幣網上のビットコイン引き出しは正常に処理可能。
  2. 現在安全性のテストを行っているが、9月20日前に再会
  3. マネーロンダリング防止に関する要求に則り認証作業を行うこと
  4. 資産は火幣網に貯蓄した状態でも永久無料で資産の安全保護に努める

四、取引業務

  1. 9月30日前すべてのアカウントに対し取引停止を通知
  2. 10月31日前順次すべての資産の人民元交換業務の停止を行う

火幣網、次の計画

  1. 全ての仮想通貨取引業務を停止する
  2. 管理当局はまだ仮想通貨の非法性を公言したわけではないので、今後も積極的に法規的なサービス提供のために努力を行う

最後に

皆さんのこれまでの支持と理解に感謝します。ビットコインが世界共通の資産となり、ブロックチェーン(分散型台帳技術)がすでに経済に多大な影響を及ぼす中、火幣網はできる限り、これからも業界の発展に貢献していきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(参考:停止所有虚拟货币交易业务的公告


はっきり言ってよくわからないです。ビットコインを引き出したところでどうすればよいのでしょうか…

今回の影響

中国のこの発表を受けてビットコインの価格は暴落しました。

中国元表記ではありますが、9月17日現在の価格¥18,900です。9月2日は最高値の¥32,350でしたので40パーセントも下落していることがわかります。

その他、同様の仮想通貨(ETHやLTC等)も暴落しています。

取引停止による反応

アメリカのニュースサイト「Business incider」のニュース記事を新浪財経が取り上げています。

それによると

日本已超过美国,成为全球最大比特币交易市场。目前日本占全球比特币市场约48%的份额,上周末甚至一度达到51%

ーー日本は米国市場を上回り、世界最大の取引市場となった。現在日本は世界市場の総額における割合で48%に上り、先週末には一時51%も記録したーー

(参考:新浪財経 日本超越美国成全球最大比特币市场

これは、中国の取引停止に関する発表が出たのちの変化です。

虽然距离最后期限还有几周时间,但交易者并没有坐以待毙。很多此前在中国进行的交易现在迁往日本,导致该国的市场份额急剧上升。而中国在全球比特币市场所占份额短短3天内从15%降至不到7%

ーー取引停止までの期限はまだ時間があるものの、投資家はただ手をこまぬいているわけではなかった。多くは日本の市場に移り、それにより当国の市場金額を急激に上昇させるに至った。こうして、中国の割合は3日のうちに15%から7%に下落したーー

つまり、今回引き締めをくらった投資家は諦めることなく他の市場に移っていったのです。ただし、中国国内から海外のビットコイン取引サイトそのものへのアクセスを禁止する話もでており、中国国内からビットコインにかかわることは難しくなっているようです。

まとめ

なんだかわからないところから急激に拡大してきたこの市場ですが、それだけに大きなリスクがあります。そんな中で社会的に認知が進み、身近になってきています。しかし、やはり当面、当初のわからないという不安は残りそうです。

私個人的には、わからないものはわからないということでしばらくは傍観の立場でいたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

JUNP

2008年から中国で日本語教師をすること早10年。中国でできないツイッタ-始めました。よかったらフォローお願いします。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ