• 日本語教材関連バナー
  • VPN、WiFiに関する記事バナー
  • 中国アプリ、SNSに関する記事バナー
  • スマホ、パソコンn関する記事

U-NEXTを海外で視聴する2つの方法

2017-11-13

話題の新作から不朽の名作までインターネットがあればどこでも視聴ができる動画配信サービスのご紹介です。本記事では「見放題作品数No.1」を誇る『U-NEXT(ユーネクスト)』にターゲットをあて、その見所と海外から視聴するための方法を2つ取り上げます。

  • 海外でも日本の作品が見たい方
  • 海外でも日本語の吹き替えで海外ドラマや映画が見たい方
  • 海外でも雑誌や本が見たい方

本記事では上記のような方にご紹介したい内容となっています。それでは参りましょう。

お読み頂く前に

本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

海外でも見たいU-NEXTのサービス一覧

U-NEXTは2010年12月に㈱USENから独立した会社で、現在は格安SIMの販売も手がけるなど、名前はよく知られていますね。今回は動画配信サービスで本記事をお探しになったと思いますが、実はU-NEXTは同料金で動画以外にも利用ができるサービスがあるのですがご存知でしょうか。

動画作品視聴サービス

U-NEXTの作品数を表す
2018年夏時点の作品数

※ 2019年12月時点では見放題作品は合計140,000本動画レンタルは30,000本が配信されています。

ドラマや映画作品

数の変動はありますが、毎月の更新も2,000本以上あるため、見たい作品も多数見つかるのではないでしょうか。ジャンルも多岐に渡るためそれを眺めているだけでも楽しいですし、思わぬ発見があったりもします。。私が個人的に惹かれたのは…

  • やっぱり奥深い「日本史」の世界シリーズ(その時歴史が動いた、歴史秘話ヒストリア等)
  • 出会おう未知なる地球と(BBCのドキュメンタリー)
  • 見放題で楽しめる!おすすめ麻雀動画(麻雀の鉄人、王座決定戦等)
  • 視点を変えると何かが見える!?ツウな旅&街歩き(ブラタモリ、世界ふれあい街歩き等)

成人向け(アダルト)作品

大人向けのサービスになるのがこちらです。他社サービスではないところが多いです。無料トライアルでも4,500本以上が見放題です。アニメ作品やMGSの人気素人作品等ジャンルも豊富です。

U-NEXT内に成人向け作品専用ページが設けられています。

注意

複数端末で利用する場合、メイン端末でのみ視聴が可能となります。

本購読サービス

雑誌読み放題

ビデオ見放題サービス会員なら追加料金なしでデジタル雑誌が楽しめます。現在80誌以上が読めます。

ニュース・週刊誌 男性ファッション 女性ファッション 旅・グルメ エンターテイメント ビジネス・マネー 男性ライフスタイル スポーツ 自動車・バイク モノ・トレンド パソコン・モバイル 美容・コスメ 結婚・子育て アウトドア

書籍購読

小説からハウツー本、啓発本など多数あります。残念ながら全てポイント支払いで購読する形式です。本の出版時期や人気度により割引もありますので、電子書籍で割安で読みたいという方にはいいと思います。

漫画購読

購読できる漫画

漫画作品も多数ありますが、こちらは無料で読めるものと読めないものがあります。1~3巻に限り無料というようなものもあります。その他のものは月々付与されるポイントで購読するか、自分でチャージをして利用することになります。

『鬼滅の刃』や『キングダム』等の話題の作品やその他最新作もありますので、すぐに読みたいという方にはいいのではないでしょうか。

U-NEXTを選ぶ3つのメリット

さて、今や動画サービスを行っている会社はここだけではありません。テレビコマーシャルでみるものでも多くあります。その中であえてU-NEXTを選びたい理由を挙げてみましょう。

  1. 毎月1,200円分のポイントが付与される(無料トライアル時は600円分)
  2. 最大4台の機器で同時視聴可能(ファミリーアカウント)
  3. 作品はダウンロードして後で視聴が可能
  4. 成人向け(アダルト)作品がある
  5. 70誌以上の雑誌も(追加料金なしで)読める

これだけのサービスが 利用できます。詳しくご説明したいと思います。

毎月1,200円分のポイントが付与される

毎月付与される1,200円分ポイントのイメージ図

最新作の視聴には注意点もあります。視聴には無料で見られる『  見放題  』と有料の『  ポイント  』2種類があります。『見放題』は月毎の定額料のみで視聴できますが、『ポイント』のものは作品に応じた視聴料がかかります。

見たい作品がポイント作品、しかし月額料金払うのに更にお金を払いたくないという方もいらっしゃるかと思います。そんな人は毎月付与される「1,200円」分のポイントを視聴料に充てるとよいでしょう。これを利用すれば最新作も追加料金なしで見ることができます。

更に、このポイントは街中の映画館で上映されるチケット代に充てることもできます。以下の4館で利用できるようです。

  • イオンシネマ
  • 松竹マルチプレックスシアターズ
  • ユナイテッド・シネマ
  • オンラインチケット予約「KINEZO」

U-NEXT上で課金の見たい作品があればそれに使うのもよし、公開中の映画に使うのもよしということです。

最大4台の端末で同時視聴可能(ファミリーアカウント)

4アカウント同時視聴可能イメージ図

こちらも追加料金無しで子アカウントを3つまで追加できます。つまり自分・妻・息子・娘のように家族4人でも使えます。友達4人でという使い方もありますね。視聴するデバイスも「パソコン、タブレット、スマートフォン、スマートテレビ等」で可能です。

ただし、いくつか注意点があります。

  •  同時間に同じ作品を再生することはできない
  • 子アカウントでは成人向けアダルト作品が非表示となる
  • 子アカウントではブックサービスが利用不可となる

ダウンロードして後で視聴が可能

動画のダウンロード視聴イメージ図

スマホで視聴するときは特に気になるのがデータ通信量だと思います。そんな場合も例えば、自宅などで見たい作品をダウンロードしておいて、後ほどオフラインの状況でも視聴が可能です。また、外出先ですぐに見たいというときにも便利です。

利用料金について

一番気になる料金です。動画視聴にかかるお金は2つです。

  1. 月額定額料金  1,990円 
  2. 有料作品視聴代  利用分 
    ( 1,200円 までは利用料金に充当できるポイントが毎月付与されますので基本的にはかからない部分です)

尚、600円相当のポイント付きで、31日間無料トライアルが体験できます。もちろん、31日の期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

海外から視聴の2つの方法

日本国内での視聴はインターネットが通ってさえいれば問題ないのですが、海外からでは同じようにはいきません。公式サイトにもはっきりと「サービスのご利用は日本国内に限ります。」と明記されています。では、海外から使えないのか、そんなことはありません。

方法1、日本でダウンロードして海外渡航

「U-NEXTを選ぶ3つのメリット」のところでお伝えしたように、ダウンロード機能があります。専用アプリから動画をダウンロードしておけば、「48時間のみ」保存されています。その間であれば、海外での視聴も可能になります。

土日のみの出張などでは役に立ちそうですね。しかし、やはりこれでは意味がないという方も多いと思います。他の手段が必要となります。

方法2、VPNを使って動画を視聴する

設定上、日本国内のみの視聴に限定して配信されていますので、海外で見ることはできません。しかし、VPNを使うことにより、日本のサーバー(IPアドレス)から視聴しているようにできますので、もし海外から視聴したい場合は必須となります。

注意

中国でもVPN自体は利用できますが、情報規制のため中国国内からは新規登録ができません。必ず渡航前にVPNを取得してください。

Express VPN

Express VPNのイメージ画像

なんといってもおすすめはこちらExpress VPNです。ネット空間の危険性から身を隠す、また防御する様々な対策をとっています。更にスピードが高速なため常に繋ぎっぱなしでも速度低下に悩むことも少なく、安全なネット生活が過ごせます。

  • ログ記録なし
  • 256ビットAES暗号
  • 独自DNS
  • 無制限帯域幅の確保
  • 高速通信

Nord VPN

NordVPNのイメージ画像

安いサービスを求めるならこちらです。長期プランを選んで月々の負担を減らしたい方にはこちらがよいでしょう。

  • ログ記録なし
  • 5161ものサーバー確保
  • AES256ビット暗号
  • 無制限帯域幅の確保

Fugu VPN

ふぐVPNのイメージ画像

ふぐVPNは新しいVPNサービスなのですが中国にとにかく強いです。他のサービスがグレート・ファイアウォールにひっかかり作動しないときにでも動いていた実績があります。今回ご紹介した上記2つも中国にも強く人気のあるサービスなのですが、更に上行く存在です。ただし、高いことと利用に上限があることがデメリットとなります。

  • 安心の日本のサービス
  • 日本の会社でも規制に止まるところが多いが、Fuguは強い
  • 中国90%以上の地域で安定性を確認

動画サービスをお使いになる方はやはりある程度の容量は使うと思いますので、そうなるとやはり上2つのサービスがよいのかもしれません。

お読み頂きありがとうございました。

この記事を書いた人
JUNP

2008年から中国で日本語教師をしています。日本語教師のリアルな生活、中国で楽しく快適に暮らすアイディア、節約貯蓄術などを書いていきたいと思います。
 相互リンクの募集もしています。興味のある方はこちらからご連絡ください。