中国モバイク(mobike)乗り捨て可能カーシェアを開始!

2018-10-26


サイクルシェアリング(自転車)を北海道札幌市、福岡県福岡市で導入し、LINEとも提携するなど何かと話題を集めたmobikeが今度は車のシェアサービスを始めました。

現在はまだ正式にサービスを開始したわけではなく、試運転なのですが、自転車シェアの大手であるため様々なメディアで取り上げられています。

 mobikeカーシェアリングについてのニュース

【TechWeb报道】12月29日消息,据悉,摩拜首批共享汽车今日在贵州上线,首批上线的共享汽车均为新能源电动汽车,包括北汽集团和一汽集团的新能源汽车产品。

摩拜共享汽车首期将在贵安新区及贵阳市主城区试运营,覆盖观山湖区、云岩区、南明区、花溪区、清镇市等主要行政区及商圈。

据了解,摩拜单车APP将新增共享汽车入口,用户可通过摩拜app一键智能开锁、临停锁车、关锁还车、订单支付等。

(画像・記事参考:摩拜首批共享汽车上线 贵州省有福了

【TechWeb報道要約】Mobike社カーシェアリングサービスを貴州省で開始。 第一陣の自動車は新エネルギーの電気自動車で北汽集団(北京汽車工業集団)と一汽集団(中国第一汽車集団)によるものだ。モバイク自転車シェアで使われるアプリにカーシェア用のページが準備され、ユーザーはそれを通して鍵の開け閉め、返却、支払いなどを行う。

他社のカーシェアリングサービスについて

現在モバイクは試運転状態ですので、利用料等まだ決まっていません。ただし、「EVCARD」「Gofun出行」「一度用車」「軽享出行」「即行car2go」等他社ですでにカーシェアのサービスを行っているところがありますので、参考になるかと思います。

山谷剛史さんの記事「中国の新サービス「シェアカー」を使ってみた」(ITmedia)によると、あまり現状ではカーシェアにお得感はないそうです。もちろん、会社が違えばサービスも料金体系も違うと思いますが、さほど違いは出てこないでしょう。

山谷さんのお試しになった「Gofun出行」は北京首汽股份によるサービスです。

シェアカー利用料は、1分1角(1時間で6元=約100円)の時間と、1元1キロの走行距離からの費用を合算した額となる。

乗った時間は5時間50分、96キロほど走りかかったお金は89元(クーポン52元分割引後)だそうです。17年12月29日時点で1元は約17円ですので、141元(割引前)×17円で2,397円ですね。

安いのか高いのか…

すでに書いていますが、山谷さんご自身はカーシェアよりレンタルの方がいいと結論されています。理由は

  • 利用後車内の清掃を行わないので、窓等も汚れている
  • 充電が切れないよう気をつけなければならない
  • 施錠を行うスマートフォンのバッテリーにも注意
  • 料金が安くない
  • パワーがない
  •  デポジットは699元と安くない

最後のデポジットに関して、自転車シェア会社の倒産によりデポジットが返ってこないというニュースが最近よくあったことを考えるとちょっと怖いですね。

まとめ

モバイクがカーシェアリングを開始したニュースを取り上げました。まだわからないことだらけで、記事に身がないですが、正式に営業が開始し料金などわかり次第、更新したいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

JUNP

2008年から中国で日本語教師をすること早10年。中国でできないツイッタ-始めました。よかったらフォローお願いします。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ