Huawei P20を正規で安く購入できた!

覇権戦争に巻き込まれ最近話題のファーウェイですが、スマホのコストパフォーマンスは今や世界中が認めるところです。私も以前より注目していましたがこの度、「P20(EML-L29)」を購入いたしました。しかも、新品を正規ルートで安く手に入れることができましたので、情報をシェア致します。

P30が出ているので型落ちだけど、必要な機能はだいたいあるし、小さめなのが◯
返品した『Nova 4e』(中国版「P30 lite」)より小さいね

激安とまで言えるかわかりませんが、少なくとも価格コムの販売額(約4万円)よりだいぶ安く買えます。ただ、面倒くさがりという人にはおすすめではないです・・・。詳しくは続きを御覧ください。

(※尚、ご覧頂いた際に在庫があるかはわかりませんが、御理解頂いた上で御覧ください)

Huawei P20を正規で安く購入できた!

中国の最大手ネットショッピングサイトの安売り「618」で、日本でも話題の『Nova 4e』(日本名『P30 lite』)を購入していたのですが、残念ながら中国版はグーグルが使えず、返品していました。

あれこれ考えた末での購入だったので、使えない事実が判明すると残念でたまりませんでした。同時に次の端末選択をしなければならない煩わしさも感じました。

実は『P20』も中国で注目していたのですが、中国は高いのです。19年7月14日現在ROM128GBモデル(RAMは日本より多い6GB)、41,000円ほどで、カカクコムのものより高いのです。もちろんRAMが日本は4GB、中国は6GBと多いのはありますが、どうして日本の方が安いのか、、、。

Huawei P20のスペック

以下は日本で発売されているシムフリー版のスペックです。

スペック

スペック情報
ストレージ 128GB
メモリ 4GB
CPU HUAWEI Kirin 970
ディスプレイ 約5.8インチ
OS Android 8.1/Emotion UI 8.1
カメラ フロント(2400万画素)、リア(1200万×2000万画素)ライカ製
インターフェイス Nano SIM x 2、USB(Type-C)、Wi-Fi、Bluetooth、NFC
バッテリー 容量3400mAh 、急速充電対応
サイズ(縦×横×厚み) 約149.1mm×約70.8mm×約7.65mm
重量 約165g

上記のは大まかなものです。詳しいスペックは商品ページでご確認いただけます。

個人的なポイントは大きさです。150mmを切っていたのがいいです。その他はカメラもライカ製である程度きれいに撮れますし、容量やCPUもゲームをしない私には申し分ありません(普通のゲームをする分にはこのCPUでも問題ないと思います)。

P20はgooで買う

P20は「goo SimSeller」というところで買う安く買えます。これは楽天市場にもヤフーショッピングにも出店があります。

以前は上位機種P30や、上でも話したP30 liteもあったようですが、現在は売り切れています。P20はまだ売られていますが在庫はわずかのようですね。

さて、こちらP20の購入ですが、購入には条件があります。それはOCNモバイルONEの音声シムを契約することです。なんだそれなら要らないという方もいらっしゃるかと思います。しかし、ご安心ください。それでもお得に買えるのです。

gooでP20を買うといくら?

まず、ずばり端末代が19,800円(税込み21,384円)です。お得ですね。ちなみに、カカクコムを見るとこちらはほぼ4万円で売られています。2万円弱の差があります。

ただし、gooのものは別途OCNのSIMを契約しなければなりません。SIMの同時契約には次の費用が必要になります。

SIMを即解約する場合

(※現在19年8月5日までの契約で2年間毎月320円割引キャンペーン中)

  1. 音声通話基本料+データ通信・・・1382.4円(通常1728円)/月
  2. 初期手数料(パッケージ費用)・・・3,000円
  3. SIMカード手配料・・・394円

契約月を初月として(契約月は無料)6か月目までの最低利用期間があります。それまでの解約には違約金として8,000円かかります。

違約金を払って端末を購入した場合

    • 初期費用(手数料+SIMカード)…3,394円
    • 違約金…8,000円
    • 端末代…21,384円

合計32,778円です。価格コムで販売されている最安のもの(約4万円)より大幅に安く買えます。

(※あくまでも現時点での算出額です。また、即解約によるデメリット等は把握していませんので、こちらの方法をお選びの際は自己責任でお願い致します)

最低契約期間後まで使う

では最低利用期間を満了する6か月をシミュレーションしてみます。

  • 初期費用(手数料+SIMカード)…3,394円
  • 端末代…21,384円
  • 月々利用料…6,912円(5か月分×1382.4円)

合計31,690円です。なんと即解約するより、使い続けたほうが安いという結果になりました。もちろんこれには、電話代等含まれていませんので、利用量に応じて増えますが、使わない場合非常にお得ですね。

さらに、購入後送られてきたお知らせの中にNTTグループのクレジットカードの案内があるのですが、これに申し込み、ここから引き落としにすると、月々500円キャッシュバック(1年間のみ)を受けられるようになります。なので5か月の支払いで更に2,500円安くなります。つまり、合計29,190円と考えることができます。

また、忘れてはならないのが、ショッピングサイトのポイントです。私はお買い物マラソン時に購入しましたが、必要なものがたくさんあったので、購入店舗分だけで普段の10倍のポイント、およそ2,000円相当が付与されることになります。非常にお得ですね。

P20受け取りました

送られてきたメールからOCNのSIM登録を行うと商品が発送されます。登録から4日後に受け取りました。内容物はP20本機とOCNのSIMカードです。

「goo Simseller」説明ページの方には記述がなかったのですが、しっかりと「NFC」ついていました。安心です。

期待通りの大きさとスペック、カメラ性能です。これがこんな格安で買えましたので本当に嬉しい限りです。

まとめ

話題のHuaweiの型落ちモデルP20を格安で手に入れる方法をご紹介しました。

  • 高コスパのP20
  • 大きくない
  • 6か月音声シム入れて3万円ほど

型落ちと言ってももともと高スペック品ですので、非常に良い品です。おすすめです。

この記事を書いた人

JUNP

2008年から中国で日本語教師をすること早10年。中国でできないツイッタ-始めました。よかったらフォローお願いします。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ