カード申請もうマイナポイント予約期限に間に合わない?

2020-07-03

※ 7月17日更新あり

ニュースサイトや広告、テレビなどでも扱われるようになったマイナポイント、みなさんはもう予約されましたか。マイナポイントをもらうまでにはいくつかの手順を踏む必要がありますね。

  1. マイナンバーカードの発行
  2. マイナンバーカードをアプリで読み込み
  3. マイキーIDの取得とマイナポイントの予約
  4. 利用したいキャッシュレスの登録
  5. 対象期間以降に消費

ここで第一関門の「マイナンバーカード」、皆さんは取得済みですか?聞いた話なのですが、現在申し込むとすでにポイント獲得に間に合わないかもしれないというのです。

まさか、ナンバーカードの普及率が16.8%(令和2年6月1日現在)の情況で、今からでは遅いということでは政府及び総務省の信用を更に落とすことになります。

では、どうしてこのような噂がされているのか。また、本当に受け取れないのでしょうか。しかし、確かに急ぐ必要がありそうということがわかりましたので、ご紹介致します。

関連記事もあります。よろしければごらんください。

今マイナンバーカード申請では
マイナポイント間に合わない?

7月1日よりマイナポイント獲得の事前準備、「予約」が始まりました。

多くの方が「さて、予約の準備を始めよう」とマインバーカードについてお調べになったと思います。すでに申し込まれた方もいらっしゃると思います。後は、後日交付通知書が送られてきて、それから受け取りを・・・と、しかし、マイナンバーカードはすぐに印刷し発行できるものではありません。

マイナンバーカードの受け取りに必要な日数

マイナンバーカードは即日発行ができず受取りまでに日数がかかることになります。ではどのぐらいかかるのでしょうか。

マイナンバーカードの交付申請から市区町村が交付通知書※1を発送するまで、概ね1か月間※2となっております。

※1交付通知書は市区町村がマイナンバーカードの交付の準備ができた旨をお知らせする通知書です。
※2交付申請書等に不備がある場合を除きます。

地方公共団体情報システム機構マイナンバーカード交付申請

マイナンバーカードは地方公共団体情報システム機構というところで作られていいます。地方にセンターがあるようですが、所在地はサイバーテロの標的にならないよう非公表となっています。マインバーカードは申請後こちらで作成され地方の役所に送られるようです。

公式には1ヶ月ほど必要と書かれています。しかし、マイナンバーカードが発行できない不具合などがあったりもしたそうですね。原因不明で10万円支給やマイナポイント申請による需要急増か確認はできないそうですが、仮にそうであったとしたら、再度影響が出ることは容易に想像できます。

参考:「マイナンバーカードを新規発行できない不具合」(ITmedia NEWS)

マイナポイント事業のスケジュール

マイナポイントを取得するまでの手順と期限
  1. マイナンバーカードの取得
  2. マイナポイントを予約
  3. マイナポイントを申し込み(決済サービスの登録)
  4. チャージまたは買い物でポイント獲得

7月2日現在で可能なのは「3」までです。9月を待って登録済みのキャッシュレス決済サービス指定の方法(チャージまたは買い物)をしてポイントを獲得します。

マイナポイント予約には期限がある

マイナポイント公式サイト内の予約期限について書かれた画像

ポイントを獲得するために実際に買い物やチャージを始めるのは2020年9月から2021年3月までとまだまだ先のことだし、余裕かなと思ってしまうかもしれません。

しかし、どうもその事前準備である「マイナポイントの予約」には期限または上限があるようなのです。ポイント獲得期間であろうとなかろうと、「マイナポイント予約期間」を過ぎて予約ができなければ対象外ということになります。

私の調べる限りでは上図以外にマイナポイントの公式サイト内に期限や上限について書かれているところは見つけられませんでした。

しかし、マイナポイントの期限について明確に示している地方行政期間があります。たとえば下図は大分県豊後大野市のサイト内記事です。

大分県豊後大野市のマイナポイント期限について書いた記事

「予定」とされていますので、記事執筆時にはこのように発表されていたのかもしれません。実は他にもたくさんの同様の記事が見つかります。

中にはキャッシュのみに残っていて現在は削除されているものもありますので、もしかしたら明確な日付による期限は撤廃された可能性があります。しかしそうでないにしても公式ページにありますように上限というのもあるようです。やはりいずれにしましても早めに手続きする必要はありそうです。

今マイナンバーカードを申請しても遅いのか結論

私も7月1日に申請したばかりなので、どうなるのかなと思っています。(※ 進展ありましたので下記に追記します。)

仮にいくつかの地方行政のサイトで紹介されているように現時点でもマイナポイント予約の期限が8月31日だとします。では現時点でマイナンバーカードの申し込みをすると・・・

今からカードを申し込みすると…

  • 通知書の到達(通常)・・・1ヶ月
  • 混み合いを考慮・・・1週間
  • 受け取りに行く・・・2~3日

7月2日に申し込んだら8月10日前後?

あくまでも推測なので参考程度にお考えいただけると嬉しいのですが、1ヶ月ほどで通知書が届くと言っている以上極端な遅れはないでしょう。また、仮に現時点で申し込んだ人が8月31日に間に合わなくてポイント対象外となるようなことになれば、大きな問題になると思います。

少なくとも7月後半に申し込んでも間に合うとか、期限8月31日がそもそも現時点では撤廃されていると考えたほうが普通かと思います。

ひとまずマイナンバーカードの申し込みと一緒にお得なキャッシュレスサービスを調べて、必要なら申し込んでおいてもよいかもしれませんね。

申し込み後の進展

7月17日マイナンバーカード発行の連絡が来ました。母が役場の担当者と知り合いのため母伝いで聞かされましたので、また週明けを待って取りに行きたいと思います。

私の場合は…

  • 申し込み・・・7月1日
  • マイナンバーカード発行連絡・・・7月17日

ということで申し込みから発行まで約2週間ということになりました。

上でお話しましたようにマイナンバーカードを発行しているのは役場や役所ではなく地方公共団体情報システム機構の地方センターです。所在地はセキュリティの関係から明かしていないということですが、複数存在しているのでしょう。意外と早く発行ができる体勢になっているようですね。

ということで現在申し込んでも早く受け取りができそうです。諦めかけていたかたいらっしゃいましたら、ぜひお試しください。

関連記事もあります。よろしければご覧ください。

お読み頂きありがとうございました。

この記事を書いた人
JUNP

2008年から中国で日本語教師をしています。日本語教師のリアルな生活、中国で楽しく快適に暮らすアイディア、節約貯蓄術などを書いていきたいと思います。
 相互リンクの募集もしています。興味のある方はこちらからご連絡ください。