『みんなの日本語』第38課・39課の難点、PPT&教室活動教材

日本語教育で使われている『みんな日本語』(スリーエーネットワーク)を基にパワーポイント教材、教室活動教材を作って授業をしています。市販・オリジナル教材もほぼ同じ順序で文型・表現が導入されていますので、皆様に参考にしていただけると思います。

第三十八、三十九課編です

また、中国人に対して授業を行う際の間違いやすい点(難点)や簡単なアドバイスも併せてご紹介いたします。

本記事で扱う課以外のものは以下のページからご覧いただけます。

第38課の難しいポイント

第38課で学ぶ項目(文型・表現・単語)は主に以下の文型、表現です。

  • ~のは~
  • ~のが~
  • ~のを~
  • ~のは~

~のを知っていますか

「知りません」、「知りませんでした」否定の答え方はこの2通りありますが、情況によって答え方が異なりますね。

1・山田さんの電話番号を知っていますか
2・ここは以前コンビニがあったのを知っていますか

1は「知りません」・・・聞かれる前も後もしらない
2は「しりませんでした」・・・今は聞いたので知った

~のは~

☓ 彼は買ったことはその本です
☓ おととい話したことは山田さんです

 ポイント

①「の」と「こと」全てが取り替えが聞くわけではない
②名詞句の中では基本の助詞は「が」

間違えることはそれほど多くないと思いますが、いちおう見たことのある間違いですので書いておきました。

第39課の難しいポイント

第39課で学ぶ項目(文型・表現・単語)は主に以下の文型、表現です。

  • ~て(原因、理由)
  • ~で(原因、理由)
  • ~ので(原因、理由)

~て(原因、理由)

旅行中に財布を(◯とられて/◯とられたので)困りました
母の手紙を(◯読んで/?読んだので)安心しました
試験の結果を(◯聞いて/?聞いたので)がっかりしました

下の2文のみをみると少し違和感を感じるのではないでしょうか。前文で説明があれば問題ありませんが、この文だけを読むと、物足りなさを感じます。手紙にも結果にもいい、悪いがあるためだと思われます。これを「て」にするとその感覚は減るのではないでしょうか。

これは、次のような違いがあると考えられます。「ので」は後件の理由を表します。一方「て」は「て」が後件の理由になったことに相違ないのですが、正確には理由というよりきっかけとなります。前件があって後件になったという流れを表しています。

「て」と「ので」の交換が効くものも多数ありますが、上のような例の場合には完全に同じとはいえませんよね。

 ポイント

「て」は原因、理由というより、継起、結果を表す

PPTと教室活動教材ダウンロード(無料)

日本語教育第三十八課、第三十九課の授業や授業準備の参考としてお使いいただけそうなオリジナル副教材を配布致します。ダウンロードは下記ボタンよりダウンロードしてお使いください。

注意1

当サイトで配布しておりますファイルは「スリーエーネットワーク」さんの公式教材ではありません。あくまでも私個人で製作したものです。質問やクレーム等は当サイト「お問い合わせ」よりお願い致します。

注意2

記事の下部にダウンロードボタンがありますが、スマホからではダウンロードができない場合があります。その際はパソコンをご利用ください。

 第三十八課 

内容:

  1. 第三十八課パワーポイント
  2. 教室活動プリント

 第三十九課 

内容:

  1. 第三十九課パワーポイント
  2. 教室活動プリント

何かお気づきの点、修正すべき点などありましたら、ご連絡いただけますと幸いです。

この記事を書いた人
JUNP

2008年から中国で日本語教師をしています。日本語教師のリアルな生活、中国で楽しく快適に暮らすアイディア、節約貯蓄術などを書いていきたいと思います。
 相互リンクの募集もしています。興味のある方はこちらからご連絡ください。