日本語教師の便利なパソコンソフト・スマホアプリ

日本語教師として働く私が普段どのようなアプリ、そしてどのようなショートカットキーを用いているかご紹介しようというのが本記事の内容です。アプリもパワーポイントもワードも日本語教師に特化したものは特にないのですが、そのなかでも便利だと思うものを取り上げたいと思います。

知っているとか常識だとか必要ないという部分もあるかと思いますが、「ふ~ん」ぐらいに読みとばして進めていただければと思います。尚、今回は以下の条件のもとピックアップしていきますのでご了承ください。

  • Windows及びアンドロイドスマホユーザー向け
  • 授業でパワーポイントを使う事が多い

それぞれの方がそれぞれの用途で使っているため、必ずしも賛同は得られないと思いますが、私の偏見で便利アプリとその機能をご紹介します。まずはパソコンブラウザです。

Vivaldi(ブラウザ)

vivaldiアイコン

Vivaldi(ヴィヴァルディ)は、Vivaldi Technologies社によって開発されているウェブブラウザである。2016年に安定版が初公開された。Google Chromeの拡張機能や、旧Operaのようなマウスジェスチャーに対応するなど両者の特徴を併せ持ち、軽量設計となっている。

wikipedia

ご存じない方が多いと思います。一般的にはEdge、IE 、Google Chrome、Safari辺りが多いでしょうか。私も少し前までChromeを使っていたのですが、少し重いんですよね。それでも特別不満もなかったのでこれまではクロム一本でした。しかし、このvivaldiを使ってみると即順位変動です。Operaの血を引くということで納得がいきました。

それではいよいよこのvivaldiの利点についてご説明します。

デザイン・カスタマイズ性

設定項目を見るとびっくりしますが、タブもメニューバーの位置もカラーも全てカスタマイズ可能です。閉じるボタンをつけるかどうか、タブの表示は文字のみまたはアイコンのみなども決められます。また色を時間に応じて変える設定にもできます。とにかくかゆいところに手が届くといった感じです。

広告オフ設定

Chrome利用時は拡張機能で広告をオフにしていました。標準機能ではないため、わざわざ検索をかけてインストールする必要があります。もちろん一度してしまえばその後は特に設定が要らないのですが、vivaldiは設定にてワンクリックでOKです。

もう一つ言うと、youtubeでの見え方が優秀です。もしかしたら私の設定の原因かもしれませんが、以下の通りお互いの見え方に違いがあります。

Vivaldiとchromeで広告ブロックした後の見え方の違い
vivaldiとchromeの広告ブロック後画面

Chromeでadblockerを使っていると何故かメニューが表示されません。また、この広告ブロック状態ではChromeの場合、一定の場所まで下にスクロールするとそれ以上いけなくなる現象がおこります。ブロックを切ることで解除はできるのですが、手間です。これらの不具合が一切ないだけでVivaldiを選ぶ価値があります。

youtubeは見ないと言う方にもこの機能は見過ごせません。特に海外から日本サイトを訪問する場合などに役立ちます。広告があるとその分読み込みが遅くなります。ただでさえ表示に時間がかかるのに広告のせいでと思うとよりイライラするものです。

もちろん、youtubeから素材などを探している場合は広告総カットとなるので、ストレスはかなり軽減されます。

chromeの拡張機能もカバー

「確かにadblockerはいらないということがわかったけど、他にグーグルの拡張機能で使っていたものが入れられなくなるのは困る!」という方もご安心ください。このvivaldiはChromeの拡張機能も全て対応しています。

メニュー → ツール → 拡張機能
※ Ctrl + Shift + E でもOK

Gメールの表示をさせたりも問題なくできます。また、直接関係ありませんが、Chromeで保存してあるブックマークは簡単にインポートできます。

ジェスチャー機能

これはマウスとリンクさせたコントロールです。例えば以下のような操作です。

マウスの右ボタンを押しながら

  • 下にドラッグ → 新規タブを開く
  • アルファベット大文字の「L」字に動かす → タブの終了
  • 下から上にドラッグして後戻り → ページを再読み込み

これわずか数センチの移動で作動するので覚えてしまえばすごく便利です。一般的に上のようなコマンドを実行したい場合はページ内の上の方までカーソルを動かす必要がありますからね。

クイックスタート

これも非常に便利な機能です。ファンクションキー「F2」を押すと小ウインドウが出てきます。

クイックコマンドで電卓を使っている画像
クイックコマンド機能

ここでは検索の他にも電卓としても使えますし、ここをメモとして使うことも可能です。いちいち他のソフトを開いたり、検索ボックスを開きに行ったり、そもそもマウスに触る必要もないということです。便利すぎます。

他にもたくさん良い機能があります。ぜひ、一度ご覧になってみてください。

ScreenToGif(画像制作)

ScreenToGifのGifは画像形式の一種で、パラパラ漫画のようなものです。画像とも動画の間と捉えるとよいかもしれません。日本語教育現場では例えば仮名の書き方、漢字の書き方を視覚的に捉えてもらうのに使えます。

gifで仮名を書いてみる

今回はマウスを使い慎重に書いてしまったためかなり遅く見えますが、もちろん素早く書けばそのスピードで表示されます。タッチパネルのパソコンであれば直接書くこともできますし、ペンタブレットでもいいですね。

これをパワーポイントに貼り付けて、アニメーションなども加えれば立派な教材になると思います。

スクリーン録画機能を使う

gifの素材は手書きによるものだけでなく、デスクトップ上の任意の場所を録画したり、ウェブカメラにより撮影することも可能です。

この録画機能を教育現場でどのように使うかですが、例えばメールの使い方を教える時や、ソフトの使い方や手順を教えるときなど前持って撮って準備しておくと言葉のみで説明するよりわかりやすく伝わりやすいのではないでしょうか。教室でネットが使えない場合などは特に活躍すると思います。

Powerpoint(画像編集)

パワーポイントを知らない人などいないかもしれませんが、私が多用する機能があるのでいちおう取り上げました。

画像編集で背景を削除

使っている方も多いかもしれません。画像やイラストを選択し、背景削除をすることで必要な部分以外が透明になります。そのイラストをそのままパワーポイントで利用したり、ワードに貼り付けて補助教材につかってもいいです。必要のない背景を削除することで加工もしやすくなりますね。

前項でご紹介したScreenToGifを使って操作法を撮ってみましたので御覧ください。

パワーポイントを使ってイラストの背景を削除する機能の説明
パワポで画像の背景削除画面

画面が小さくて見えない方に操作手順を書いておきます。

  1. 画像、イラストを選択
  2. 図ツールの書式
  3. 背景の削除
  4. 残したい部分は「保持する領域~」、要らない部分は「削除する領域~」でなぞる
  5. イラスト外でクリック、もしくは「変更を保持」

このあとは直接パワーポイントで使ってもいいですす、ワードで使いたければコピペでOKです。

Onenote for windows(メモ帳)

vivaldiアイコン

Onenoteは一つの用紙(画面)に対して情報やメモなどを効率よく取り込む事ができるように工夫されており、目的ごとにタブを配置して画面内にテキストやメディアファイル等を挿入したり加筆修正することが可能である。手書き機能もあるため、タブレットPCやノートパソコン上での使用にも向く。

wikipedia

Onenoteはオフィスソフトではなく、マイクロソフトのフリーソフトですので無料で使うことができます。用途は記録なのですが、これが非常に便利なメモ帳です。私も最近使い始めたのですが、これは長い付き合いになりそうだと思いました。

  • 文字(入力、手書き)
  • 画像、音声、動画、ファイル
  • チェックリスト

これらがほぼ自由自在に配置できます。手書き入力もできるのでいろいろな工夫をしオリジナルの味を出すことまで可能です。また、ソフト自体のデザインもルーズリーフのような感じでシンプルでいいと思います。

  • スマホで同期
  • Windows標準アプリの「付箋」もリンク

パソコンとスマホでのリンク、同期は最早珍しいことではないのかもしれませんが、やはり便利です。欠かせません。

スマホアプリ利用時のもう一つ嬉しい点が、Windows標準アプリの「付箋」が同時に表示される点です。下図はパソコンで利用している「付箋」ですが、これがOnenoteのスマホでも表示がされます。これは最高です!

付箋

デスクトップ画面に表示されたメモ帳

覚えて置かなければならないこと、予定などを付箋に書いておけば常にチェックできます。また、仕事中やネットサーフィン中に突然思いつき、後で何かしようと書き留めたい時にちゃちゃっとメモできるのがいいです。

私は授業資料を作っている時や副業のオンライン授業をしている時に使うことがあります。直接関係のないことだけど「この語の由来はなんだろう」とか、「あの人の名前なんだっけ」などその時すぐに検索が出来ない時に、ほぼ面倒なくメモを残しておけます。

この状況でパソコンを離れてもOneNoteのスマホから簡単に同期されるので、本当に気軽にチェックできるようになります。本当におすすめです。

この記事を書いた人
JUNP

2008年から中国で日本語教師をしています。日本語教師のリアルな生活、中国で楽しく快適に暮らすアイディア、節約貯蓄術などを書いていきたいと思います。
 最近はガジェットやプログラミングにも手を出しています🎮